組織概要

沿革

兵庫土建会館 ⇒photo

兵庫県土建一般労働組合(略称-兵庫土建)は、1947年(昭和22年)10月に兵庫県下の建設職人・労働者の「砦」として、個人加盟、居住地域組織の運動体として結成発足した労働組合法人です。
結成以来65年間にわたり、組合員のための有利な医療保険制度、労災事故への対応の対策、税金の申告対策問題など、生活を守る運動行動を、県下各地で展開し取り組んできた建設職人・労働者のための長い歴史をもつ組織です。

組織と運動

組合員数は2万4千人、32支部をもつ県下最大級の組織です。
建設・住宅産業は、圧倒的に未組織、無権利状態であることを認識し自らの生活と仕事を守るためには「結集することの重要性」そして「数は力なり」であるとして組織拡大を合言葉にして、未加入者にたえず呼びかけ統一と団結で要求行動を基調にして組合員の多種多様な要求を実現してきました。
また、建設・住宅産業の実態や要求の共通性の立場から労働者だけでなく自営零細建設事業者、中小建設事業者も含めて組織し、運動を展開してきました。
結成当初は、「町場」に働く建設職人が中心の組織でしたが、建設産業にも住宅企業が進出するなどの構造変化のなかで、ゼネコンや住宅企業で働く職人・労働者もたくさん加入して賃金、労働条件改善の運動も進めています。
これらの運動をさらに強化するため、全国組織の「建設労働者・職人61万人」が結集する全国建設労働組合総連合(略称-全建総連)に加盟し、全国の仲間と共に運動を強めて取り組んでいます。

展望

21世紀は、経済活動のグローバル化、市場原理主義経済と建設・住宅産業も大きく変遷をして兵庫土建をめぐる状況、環境も大きく変わっています。
そうした中で、当面の運動課題は、組合員と家族の健康を守るため医療保険制度の安定確立と建設国民健康保険組合の育成強化の要求と対策、生活と仕事を守るため仕事と就労確保、賃金・工事単価の相場形成のための公共工事の発注適正化対策、技能技術向上の対策、組織のスケールメリットを生かした組合員相互扶助の共済福祉の充実などを中心とした多彩な運動行動を、国、県・市町など行政への要求と組合事態が事業とするなどの取り組みを展開し、兵庫土建の要求を実現して組合員の仕事と生活と権利を守っていきます。

兵庫土建 本部

map
所在地 〒652-0802
兵庫県神戸市兵庫区水木通5丁目2-9
TEL 078-576-6721
FAX 078-576-6726
MAIL info@hyogodoken.or.jp

▲ページの先頭へ

  • 地域のみなさま
  • 家づくりサポート
  • 地元職人検索サイト ひょうご住まいるナビ
  • 兵庫土建について
  • 組織概要(兵庫土建について)
  • 組合業務のご案内
  • 支部一覧
  • 兵庫土建への加入方法
  • 組合員のみなさま
  • 各種資格のご案内
  • 講習会のご案内
  • 国保・労災・共済等のご案内
  • ひょうご住まいるナビ組合員向けコンテンツ